伊東市でセラピーグレード・オーガニックなアロマオイルを使ったアロマセラピー、痩身等行っています。

今回仕込んだのは、ヒースとハンガリアンウォーターです。

手前がハンガリアンウォーター、奥がヒースです。

ヒース
はアルブチンという成分が豊富に含まれていて、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を阻害します。
美白・美肌効果があることで知られており、パックやローションなどにも利用されています。
ヒースティンクチャーはウォッカ100mlとヒースのドライハーブを10g、ビンに入れるだけです。
ビンは予めお湯で消毒しておきます。ウォッカは40°以上のものを用意。
ビンに二つの材料を入れたら、上下に振って冷暗所へ。出来上がりまでに一か月で、毎日一回は振ってください。

さて、ハンガリアンウォーターですが、アロマを勉強した人なら大体の人がご存知なはず。
ローズマリーで作られる、王妃の水と呼ばれるティンクチャーですね。
詳細はすみません、検索してください。

レシピ

  1. お湯で消毒したビンを用意
  2. ペパーミントのドライハーブを10g。
    ローズレッドのドライハーブを5g。
    オレンジフラワー(ネロリ)のドライハーブを5g。
    ローズマリーのドライハーブを10g。
    ※私はフレッシュハーブで今回作りましたので、20gのローズマリーを使っています。
    無水エタノール200ml
    精製水200ml
  3. 全部入れて上下に振る。
  4. 冷暗所で保管。解禁は1か月後。

なぜヒースはウォッカで、ハンガリアンウォーターは無水エタノールなのか?
それはローズマリーに若返り、しわ取り効果があるとされている、ウルソール酸が成分として入っているからです。
このウルソール酸は無水エタノールでなければ抽出ができません。
さらに、ウルソール酸はワセリンにしか混ざりません。
出来上がったらワセリンと混ぜて、軟膏を作ろうと思っています。
もちろん、精製水で薄めて(出来上がったティンクチャーは10倍の精製水で薄める)その他の美容成分が週出された化粧水としても問題なく使えます。
私はハンガリアンウォーターにヒースティンクチャーも混ぜて使いたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です